猫の熱中症対策でエアコンを使う時の注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

猫 熱中症

 

暑い日が続いて室温が高くなってくると人間だけでなく猫にとっても辛い日々になるんですよね。そうなってくると熱中症の危険性が高まってきます。飼い主さんと一緒にいる時は大丈夫なんですが、ひとりでお留守番する時は室温には十分に注意しないといけません。

そこでエアコンを使うことが多くなると思うんですが猫のために飼い主さんが注意すべき点を調べてみましたので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

■猫の体温調整

猫は人間と比べて汗腺(皮膚にある汗を分泌する腺)が少ないので汗をかくことで体温調整をすることが出来ません。なので高温の室内に長時間放置していると簡単に熱中症になってしまいます。

特に子猫や老猫は体力が無いので命を落としてしまう場合もあります。なので猫の体温が高くなってしまわないように室温に注意しないといけないんですよね。

 

スポンサードリンク

 

■エアコンで室温調整

飼い主さんと一緒にいる時は猫が寒そうにしているなとか暑そうにしているなとか分かるので調整しやすいんですけど問題はひとりでお留守番する時ですよね。

特に暑い昼間にひとりにする時は室内が高温にならないようにしないといけません。そんな時にエアコンを使うと思うんですけど、ここで幾つか注意点があります。

●人よりちょっと高めの設定温度

暑がりの人だったら25℃~27℃ぐらいの設定温度にすると思うんですが猫の場合はそれだと寒いんですよね。なのでお留守番させる時は設定温度を28℃~30℃ぐらいにしましょう。

●新鮮な飲水を十分に用意する

室内が猫にとって適温だったとしても人と同じで水分補給をしないと脱水症状になってしまいます。その対策として飼い主さんが出かける前にたっぷりと新鮮な飲水を用意してあげてください。

●エアコンが苦手の猫には

室内で飼われている猫にはエアコンが好きな子と苦手な子がいるんですよね。そこで苦手な子用にエアコンの冷風が届かない場所を作ってあげましょう。涼しい場所と暑い場所を行き来することで猫が自分で体温調整できますからね。

●ひんやりシートと併用も

日によってはエアコンを使うほどでも無いこともありますよね。そんな時のためにペット用のひんやりシートを使うのもアリだと思います。

ラディック クールアルミジェルマット

レビューを見てみると使ってくれる猫と使ってくれない猫でハッキリ分かれるみたいですね。ただこれも躾(しつけ)と一緒で子猫の頃から使っていると慣れてくれると思いますよ。節電にも良いのでぜひ使ってみてください。

 

■まとめ

熱中症対策と言っても人と猫でそれほど変わりません。室温が高くならないように注意することと十分に水分補給をすることです。

人にとっても猫にとっても日本の暑い夏は体力的にキツイですよね。そんな酷暑を乗り切るためにもエアコンやひんやりシートを上手く使って猫を快適に過ごさせてあげましょう。

 

オススメ記事

>>>猫がキュウリにビックリするのはなぜ?食べても大丈夫?

>>>猫は花火やカミナリを怖がるの?おびえた時の対処法は?

>>>マンションで飼いやすい猫ちゃんランキング!

>>>猫舌じゃない猫がいるなら猫舌を治す方法があるはず!?

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*